やまおく×Agent+ 法事作法所作を凛とする。

訃報が届いた時

訃報が届いた時訃報を聞いた時の対応は、故人との関係によって異なります。親族や親しい友人の場合、すぐに弔問へ駆けつけます。その際は、玄関先で遺族にお悔やみの言葉を述べてから、深くおじぎをします。

弔問では遺族にお悔やみを述べた後、手伝いを申し出ます。手伝いが不要な時は、「あらためて、通夜に伺います」とあいさつして辞去します。故人と親しい間柄の場合は、他の友人や知人への連絡係を引き受けると良いでしょう。親しく近所付き合いをしている場合も同じです。

通夜や葬儀に参列できない場合は、代理人を立てるか、葬儀の前日までに弔電を打ち、後日弔問します。遠方や病気などで弔問できない際には、お悔やみの言葉を添えて香典を送ります。

故人とそれほど親しくない場合、弔問するのであれば玄関先でお悔やみを述べる程度にとどめ、あらためて通夜や告別式のどちらかに参列すると良いでしょう。

故人が会社関係者の場合は、会社の方針に従うようにしてください。

お悔みは完結に

お悔みは完結に

お悔やみの言葉は、故人の死を悼み、遺族を慰めいたわるものです。うまく言葉がでてこない場合は、「このたびはご愁傷さまでございます」というだけでもかまいません。

一般的なお悔やみ

このたびは、誠にご愁傷さまでございます。心よりお悔やみ申し上げます。
このたびは、本当に残念でなりません。ご家族の皆様、どうぞお力落としのございませんように。

急死の場合

突然のことで、信じられない思いです。こころよりご冥福をお祈り申しあげます。
思いがけないことで、なんと申し上げていいのか、言葉がみつかりません。心よりお悔やみ申し上げます。

長患いの場合<

皆様のご看病のかいなく、本当に残念なことです。心よりお悔やみ申し上げます。
先日、お見舞いにうかがったときはとても元気そうにしていらっしゃったのに、残念でなりません。

香典返しのお品サイト 引き菓子オンラインショップ