やまおく×Agent+ 法事作法所作を凛とする。

香典は、いくらお包みしたらいい?

お通夜や葬式に持って行くお香典。いくらぐらい包んだらいいのか迷われたことはありませんか?故人との付き合いの深さや関係性によってお包みする金額が変わっていきます。そもそも香典とは、相互扶助との考え方があります。昔、葬式は自宅で行っていました。遺族が近隣の人を招いて食事を振る舞う慣習がありました。田舎に行くと、まだ自宅で行う慣習が残っているところもあるかと思います。

以前相手から香典をいただいている場合はその金額を参考に

香典は、一般的に故人との関係性や、年齢などによっても多少金額が異なります。また、以前香典をいただいている場合は、その金額も参考にします。また、会社などの場合は、会社で大まかな金額を設定している場合があるので、相談してみましょう。

  • 仕事の関係者や友人などの場合は、5000円(3000円)~1万円
  • 隣近所や顔見知りの場合は、3000円~1万円
  • 両親や配偶者の父母の場合は、3万円~10万円
  • 親戚の場合は、1万円~5万円
  • 友人・知人の父母の場合は、3000円~1万円
  • 勤務先の社員の場合は、5000円~1万円
  • 勤務先の社員の家族の場合は、3000円~1万円

などが目安になります。香典で包むお札は、1、3、5、10にするのが一般的です。お札は、新札ではなく折り目があるていどのものを包みます。

Q&A 記事一覧

香典返しのお品サイト