やまおく×Agent+ 法事作法所作を凛とする。

お布施とは?お膳料やお車代って必要?

お布施とは、そもそもどんな意味があるのでしょうか?
お膳料やお車代と合わせて簡単にシンプルに説明しますので、ぜひ確認してみてください。

お布施とはそもそも仏教の修行の一つであるとされています。ひとことで言うと、人に施すという事です。

その語源は、大昔は粗末な衣服のお坊さんに布を施していたからとされています。
布を施す⇒布施⇒お布施

そのお布施の中でも3つの意味合いがありますので確認してみましょう!

お布施の3つの意味合い

財施(ざいせ)
財施とは、お金や布や野菜や米などの物を施すこと。

法施(ほうせ)
法施とはお釈迦様の教えを、人のために読経し心を施すこと。

無畏施(むいせ)
恐怖心を取り除くこと。

この3つの意味合いを含んだのが「お布施」という言葉になります。

その中で現代の私たちが実践しているのが、財施ということになりますね。

読経していただいたお坊さんにお金の入ったお布施を渡すという習慣です。

現代で、お坊さんに布やお野菜をお布施として渡す方はいないと思いますので、時代とともにお金を渡すという習慣に変わっていったということでしょう。

 

このお布施という修行で大切な心得としては、見返りを求めないという事です。

 

お布施は、お坊さんに渡してはいますが、お坊さんの懐に入るわけではなくご本尊にお供えしているという考え方となります。

お布施の金額の目安に関しては、こちらを確認下さい!
⇒お布施の金額の目安は?

お布施と合わせて準備する物

・お車代¥5,000程度
お車代は、お経をあげる場所まで行くための交通費として考えます。
お寺で読経の予定でしたら不要です。

・お膳料¥5,000程度
お膳料として、法要後のお食事代をお渡しすることもあります。金額の目安はみなさんが法要後の会食で食べられる食事と同じくらいの額です。
読経後にご住職も会食にいらっしゃる場合は不要です。

お膳料やお車代は、お布施袋の右端に「お膳料」「お車代」と書いて、お布施と一緒に渡せば大丈夫です。
あまり書き方などに神経質にならずに気楽に考えましょう!
ご住職に伝われば問題ありません!

補足ですが、お車代やお膳料は必ずしも必要なものではありません。

地域やお寺との付き合いの深さによっても異なりますので、お付き合いのあるお寺がある場合は、お寺に関して詳しい方か、直接お寺の方に相談してみたほうがいいかもしれません。

まとめ

・お布施は修行である。
・見返りは求めない。
・お膳料、お車代は付き合いの深さに応じて。

普段は考えない、仏事のことも身近に起こるとふとした疑問が浮かんできますよね?
お布施に関しても、結構高額だったりしますので意味もわからず包むよりも、意味合いがわかったうえで包むほうが気分が違ってくるものです。

参考になれば幸いです。

Q&A 記事一覧

香典返しのお品サイト 引き菓子オンラインショップ