やまおく×Agent+ 法事作法所作を凛とする。

会社関係の葬儀に呼ばれたら

ある日突然、会社の社員の家族や、取引先の関係者の訃報を受けた時、どうしたらいいのでしょうか。まずは、自分で勝手に判断せず、会社の上司に相談してみましょう。また、葬儀の手伝いを頼まれる場合もありますので、できるだけ協力することをおすすめします。

通夜は、喪服ではなくても黒や紺やグレーのスーツでも構いません

葬儀は、通夜と告別式と2日間にわたって行われる場合が大半ですが、仕事関係の場合、大半が通夜に参列します。通夜は、故人が亡くなった翌日の夕方以降に行われる場合が多いのですが、服装は喪服が一般的ですが、仕事の都合上で、黒ではなくても紺や濃い目のグレーのスーツなどでも構いません。

ネクタイやバックは黒が理想です。

靴やコートは、できるだけ茶系は避けます。靴は黒や黒に違いものが理想です。コートも黒や紺やグレーのものを心がけましょう。女性でアクセサリーをする場合は、白や黒のパールで、二連のパールは避けます。

香典の相場は、5000円(3000円)~1万円

仕事関係の場合、香典の金額は、5000円(3000円)~1万円になります。故人との付き合いなどによって異なります。香典袋には、御香典や御仏前と氏名を書き添えます。出席できない場合は、会社の同僚などに香典を届けてもらうといいでしょう。お願いするタイミングがない場合などは、弔電をお送りするのも手です。もし、葬儀場でその社員に会ったら、「ご愁傷さまです」。「ご冥福をお祈りいたします」などと声を掛けることをおすすめします。

 

Q&A 記事一覧

香典返しのお品サイト