やまおく×Agent+ 法事作法所作を凛とする。

通夜にふさわしい服装とは?

お葬式は通夜と葬儀の2日間行われますが、通夜のみに参列する場合が多い

友人の父母が亡くなった。会社の先輩の父母が亡くなった。など、死は突然訪れます。お葬式には通夜と葬儀(告別式)が2日に渡って行われる場合が大半です。通夜は故人が亡くなった翌日、葬儀は翌々日に行われる場合が多いのですが、葬儀場や火葬場の都合によっては、日程が変わります。たいてい、通夜は夕方以降に行われ、葬儀は日中に行われます。

故人の親戚や個人とよほど深い関係がある場合は通夜と葬儀ともに2日間参列しますが、近年では、通夜のみに参列する場合が一般的になりつつあります。

通夜の服装は、喪服。もしくは、黒、グレー紺色などのスーツやワンピースなどで

喪服があれば迷うことはありませんが、もし急を要する場合や喪服の用意がない場合、地味な服装であれば問題ありません。男性の場合は、地味なスーツや黒のネクタイ、黒の靴下。女性の場合も地味なスーツやワンピース、黒や肌色のストッキングなどを選びましょう。スーツの色は、黒、グレー、紺色などでも構いません。靴は、黒がベストです。また、女性の場合、アクセサリーはパールのアクセサリーが一般的です。持ち物は、黒のバックに、黒か白のハンカチ、香典、数珠などを用意しましょう。

 

Q&A 記事一覧

香典返しのお品サイト