やまおく×Agent+ 法事作法所作を凛とする。

般若心経(はんにゃしんきょう)とは?

般若心経は262文字のお経です。仏教の経典は、お釈迦様が弟子たちに口伝えしたものをまとめたもので数多くありますが、多くの人々にとって馴染みあるものが、般若心経ではないでしょうか。

この般若心経には、お釈迦様の悟りの基本である「空(くう)」の思想が書かれているのが特徴です。「空」は、すべてのものに実体がなく、世の中は移り変わっていくことなどを表現しています。さらに、「六波羅蜜(ろくはらみつ)」といって修業の方法についても書かれています。般若心経は、お釈迦様の弟子で長老のシャーリプトラ(舎利子)という人物と、観自在菩薩さまとの対話で進んでいます。般若心経の全文をご紹介します。

 摩訶般若波羅蜜多心経

 まかはんにゃはらみたしんぎょう

 観自在菩薩 

 かんじざいぼさつ

 行深般若波羅蜜多時 

 ぎょうじんはんにゃはらみったじ

 照見五蘊皆空

 しょうけんごうんかいくう

 度一切苦厄

 どいっさいくやく

 舎利子

 しゃりし

 色不異空 空不異色 

 しきふいくう くうふいしき 

 色即是空 空即是色 

 しきそくぜくう くうそくぜしき

 受想行識 亦復如是 

 じゅそうぎょうしき やくぶにょぜ 

 舎利子 是諸法空相

 しゃりし ぜしょほうくうそう

 不生不滅 不垢不浄

 ふしょうふめつ ふくふじょう 

 不増不減

 ふぞうふげん

 是故空中無色

 ぜこくうちゅうむしき

 無受想行識 

 むじゅそうぎょうしき

 無眼耳鼻舌身意 

 むげんにびぜっしんい

 無色声香味触法

 むしきしょうこうみそくほう

 無眼界 乃至無意識界 

 むげんかい ないしむいしきかい 

 無無明 亦無無明尽

 むむみょうやく むむみょうじん

 乃至無老死 亦無老死尽 

 ないしむろうし やくむろうしじん 

 無苦集滅道 無智亦無得

 むくしゅうめつどう むちやくむとく

 以無所得故 

 いむしょとくこ

 菩提薩埵 

 ぼだいさつた

 依般若波羅蜜多故

 えはんにゃはらみったこ

 心無罣礙 無罣礙故 

 しんむけいげ むけいげこ 

 無有恐怖 

 むうくふ

 遠離一切顛倒夢想

 おんりいっさいてんどうむそう

 究竟涅槃 

 くうぎょうねはん

 三世諸仏 

 さんぜしょぶつ

 依般若波羅蜜多故

 えはんにゃはらみったこ

 得阿耨多羅三藐三菩提 

 とくあのくたらさんみゃくさんぼだい

 故知般若波羅蜜多

 こせつはんにゃはらみったし

 是大神呪 是大明呪  

 ぜだいじんしゅ ぜだいみょうしゅ 

 是無上呪 是無等等呪

 ぜむじょうしゅ ぜむとうどうしゅ

 能除一切苦 真実不虚 

 のうじょいっさいく しんじつふこ 

 故説般若波羅蜜多呪

 こせつはんにゃはらみったしゅ

 即説呪日 

 そくせつしゅわっ

 羯諦 羯諦 波羅羯諦 

 ぎゃてい ぎゃてい はらぎゃてい 

 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶 

 はらそうぎゃてい ぼじそわか

 般若心経

 はんにゃしんぎょう

 

Q&A 記事一覧

香典返しのお品サイト