やまおく×Agent+ 法事作法所作を凛とする。

四十九日法要とは?その意味合いを簡単にご説明!

四十九日の法要とは、どのような意味合いがあるの?
単純に疑問に思った方も多くいらっしゃる事かと思います。

このページでは、
四十九日の意味合いなどを簡単かつシンプルに
ご説明していこうと思います。

仏壇,仏具

四十九日法要とは?

四十九日とは、簡単にいうと亡くなった故人が

極楽浄土にいけるかの判決の日のことです。

重要な判決の日ですから親族・知人で法要を

営み極楽浄土へいけるようお参りをします。

これが四十九日法要です。

 

 

四十九日法要を迎えるまでには、

初七日から二七日三七日・・・・六七日まで、

七日ごとに裁きがあり、故人が極楽浄土へ行けるように

お参りをして祈ります。

 

 

その最初の初七日と最後の四十九日は、

親族や知人が集まり、盛大に法要を営むというわけです。

 

 

さらに四十九日法要は、地域により様々な言い方で表現されます。

・忌明法要

・満中陰法要

・七七日法要 などなど。

 

呼び方や表現は地域で違いますが、

意味合いは同じです。

 

唯一、浄土真宗に関しては考え方が違うようです。

浄土真宗は、簡単に言うと亡くなった時から仏様に

なっているという考え方ですので、

 

浄土真宗における四十九日までの期間は、

故人を偲び、仏様の考えを再度分かち合う期間

といったところでしょう。

Q&A 記事一覧

香典返しのお品サイト